株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
年間契約型情報サービス

アナリティクスソフトウェア戦略

Analytics Software Strategies

発行 Analysys Mason 商品コード 294421
出版日 年間契約型情報サービス ページ情報 英文 Subscription Program
価格
詳細については [お問い合わせ] ボタンよりお問い合わせ下さい。
Back to Top
アナリティクスソフトウェア戦略 Analytics Software Strategies
出版日: 年間契約型情報サービス ページ情報: 英文 Subscription Program
概要

Analysys Masonのアナリティクスソフトウェア戦略(Analytics Software Strategies)プログラムは、アナリティクス市場の動向とベンダーに関する調査および詳細な分析を提供するとともに、通信サービスプロバイダー(CSP)がアナリティックソリューションを様々な用途向けに導入している事例を提示します。当プログラムは、CSPおよびベンダーが、アナリティクスがいかにビジネス手順に対応しているのか、それによって得られる恩恵が何なのか、そして革新的なアナリティクスソリューションを導入するために必要な運用の枠組みの作り方を理解できるように作られています。

当プログラムは、現在CSPが自社内でいかにアナリティクスを応用しているのか、そしてこれらが運用上いかにアナリティクスおよび関連システムによってサポートされているのかについての、統合化されたビジネス事例集を提示します。当プログラムはまた、いわゆる「ビッグデータ」が、確立されたシステムに及ぼしている影響と、その潜在的な恩恵も検証します。

アナリティクスプロジェクトにおけるCSPの成功と失敗を評価し、主要なソフトウェアおよびソリューションのサプライヤーを比較するとともに、多様な使用事例を通じた市場区分など、この市場部門において投資を支える主要な要素を特定します。

産業アナリストが以下の点においてお手伝いします:

  • 業界におけるアナリティクスソリューション導入の優良事例に関する理解
  • アナリティクス市場における製品およびベンダーの位置付けに関する理解
  • 自社の戦略的方向性に関する、情報に基づいた事業上の意思決定
  • 技術・サービス投資に対する明確な立場の確立

以下のようなテーマを取り上げます:

  • アナリティクス要件に対するビッグデータ要件の影響
  • アナリティクスが導入されている場所と、市場において成功を収めるのにふさわしいのはどのベンダーなのか
  • 企業規模でアナリティクスソリューションを導入する前に検討すべき、導入における選択肢と意思決定事項

サービスの概要

サービスの範囲

  • アナリティクスがいかに現行のビジネスモデルに変化を促しており、それによってCSPが達成しうる利益について調査
  • アナリティクスツールの導入に用いられる運用枠組みと、必要となる支援インフラ
  • アナリティクス主導型ビジネス手順の支援においてソフトウェアソリューションを提供するベンダーの分析
  • アナリティクス市場の分類の提供

主なテーマ

  • アナリティクスに基づいた新たなビジネスモデルの構築: アナリティクスの機能は確立されたビジネス手順を強化するだけではなく、新たな手順の創造にも利用可能です。
  • 企業規模のアナリティクス枠組みの導入: 当プログラムは、CSPがアナリティクスにおける現在および将来のニーズを支援する枠組みを構築するのを手伝います。そして、確立された手順を強化し、イニシアチブを支援するために、データが堅実、効率的かつタイムリーな形で使われていることを保証することの重要性を検討します。
  • ビッグデータをサポート: 当プログラムは「ビッグデータ」を定義し、それを最も有効に使える手順がどれであり、どのように使われるのかを確認し、どのソフトウェアツールおよびシステムが必要なのかを決定します。

サービスの詳細

12カ月の定期購読により、クライアントは以下のサービスを期待できます:

  • 戦略レポート:アナリティクスソフトウェアのための戦略的枠組みの構築
  • 見解: 特定のアナリティクスソフトウェア使用事例に的を絞った分析(ベストプラクティスの研究、ケーススタディ、革新的なビジネスモデル、特定サービスの見通し、技術動向)
  • コメント: 最新の産業動向に関する消息通の意見
  • ケーススタディ: 通信サービスプロバイダー(CSP)の分析ソフトウェア展開例
  • 専門家へのアクセス: 調査に関連した特定の質問に対する回答としての実用的な助言を提供する、新たな視点および意見を得るための、テーマに関する専門家および思想的指導者への定額によるアクセス

本プログラムで提供される成果物

成果物のタイプ発行回数
(12ヶ月間)
戦略レポート1回
見解3回
コメント6回
ケーススタディ5回
目次

Analysys Mason's Analytics Software Strategies programme provides research on and in-depth analysis of trends and vendors in the analytics market, as well as examples of how communications service providers (CSPs) implement different uses of analytics solutions. It is designed for both CSPs and vendors to help them understand how analytics address business processes, what the benefits are, and how to create the operational frameworks needed to implement innovative analytics solutions.

The programme provides a consolidated set of business examples of how analytics are being applied within CSPs today and how these are supported operationally by analytics and related systems. The programme also examines the impact that so-called 'big data' is having on established systems and its potential benefits.

We evaluate CSPs' successes and failures with analytics projects, compare leading software and solution suppliers, and identify the primary factors contributing to investments in this market segment, including the segmentation of the market through different use cases.

Our industry analysts will help you to:

  • understand industry best practices for implementing analytics solutions
  • understand the positioning of products and vendors in the analytics market
  • make informed business decisions on the strategic direction of your company
  • establish a clear position for your investments in technologies and services.

Some of the issues we address include:

  • the impact of big data requirements on analytics requirements
  • where analytics are being deployed and which vendors are best suited to succeed in the market
  • the deployment choices and decision that need to be considered before rolling out an enterprise-wide analytics solution.

SERVICE OVERVIEW

Coverage

  • Looking at how analytics is driving changes to current business models and the benefits that CSPs can achieve.
  • The operational frameworks that are being used for implementing analytics tools and the supporting infrastructure that is needed.
  • Analysis of vendors that provide software solutions in supporting analytics led business processes.
  • Provision of an analytics market taxonomy.

Key themes

  • Building new business models based on analytics: Analytics capabilities not only enhance established business processes, but can also be used to create new ones.
  • Implementation of an enterprise-wide analytics framework: The programme helps CSPs to create a framework that supports their current and future needs for analytics. It considers the importance of ensuring that data is used consistently, efficiently and in a timely fashion to enhance established processes and support initiatives.
  • Supporting big data: The programme defines ‘big data', identifies what and how processes can best use it, and determines which software tools and systems are needed.

The service in detail

For a typical 12-month subscription, our clients can expect the following:

  • A strategic report: building a strategic framework for analytics.
  • Viewpoints: targeted analysis of specific analytics use cases (best-practice case studies, innovative business models, forecasts of specific services, technology trends).
  • Comments: informed opinion on the latest industry developments.
  • Case studies: examples of CSP analytics deployments.
  • Access to experts: unmetered access to our subject matter experts and thought leaders for additional insight and opinion, providing practical advice in answer to ad hoc questions relating to our research.

Programme deliverables

Back to Top