株式会社グローバルインフォメーション
TEL: 044-952-0102
表紙
年間契約型情報サービス

IoT市場に関する情報サービス

IoT Market Tracker

発行 ABI Research 商品コード 339726
出版日 年間契約型情報サービス ページ情報 英文
価格
詳細については [お問い合わせ] ボタンよりお問い合わせ下さい。
Back to Top
IoT市場に関する情報サービス IoT Market Tracker
出版日: 年間契約型情報サービス ページ情報: 英文
概要

サプライヤー、投資家およびバイヤーは新たに出現したIoT市場で活動を展開していますが、最も共通した疑問は「どこに利益があるのか?」ということです。コネクションは拡大し、IoTデータはビジネスプロセスの不可欠な部分となっていますが、IoTは、製品・サービスの変化を必要とする旧来のおよび新興のアプリケーション双方で構成されており、必ずしも明確なものではありません。

当サービスは、IoT/IoEイニシアチブを推進し、将来を確かなものとすべく、直面する課題を把握することを目的としています。

エコシステム参加者が以下の領域におけるビジネスイニシアチブ・市場参入計画を立証・考察する際に役立ちます

  • 成熟度:アプリケーションセグメントの成熟度だけではなく、これらのセグメントへIoTイニシアチブをどのようにターゲティングするのか?
  • ベンチマーキング分析:アプリケーションセグメント、垂直産業またはサービス市場において、他の競合企業と比較した際の位置づけは?
  • パートナーシップ評価:各バリューチェーンセグメントにおけるリーダーとは誰か、また各垂直市場におけるリーダーは誰か?独自のIoTソリューションを構築するリスクとは?
  • 利益の機会:平均的な市場収益と比較した現在の利益は?現在の市場参入計画に基づいて、収益性を拡大・維持できるか?
  • ビジネスモデル:IoT市場の予測される発展に基づいた際、どのビジネスモデルが成功・失敗するか?
  • 組織構造:拡大すべきか、それとも縮小すべきか

サービスの説明・提供内容

image23

  • IoTバリューチェーンにおいてサプライヤーが生成するコネクション・収益のエンドツーエンドの見解
  • 6つの主要な収益セグメントにおける収益、および2G、3Gおよび4Gセルラー、衛星、および固定回線接続で生成される収益
  • 30の垂直産業および4つのビジネスセグメントに関するデータを含め、18の国と地域における30のアプリケーションセグメントに関するデータを提供
  • 提供物:追跡調査のアップデート、半年ごとの動向分析ウェビナー (録画) 、アナリストへの質問
  • 本サービスは以下の技術・市場課題を対象としています:
  • ステークホルダーと実行計画の調整:
    • IoTおよびIoEとは何か、ステークホルダーとエグゼクティブをどのように教育するのか?
    • なぜIoTおよびIoEに投資するのか?
    • 現在の市場における成功とはどのようなものなのか?
    • 市場における成功とはどのようなものになるのか?
  • IoTイニシアチブの特定と分類:
    • 何がうまくいっているのか?
    • 何が最適なのか?
    • 分類し、吟味し、そして立証する
    • 組織および実行構造のベストプラクティス
  • エコシステムおよび投資機会の最適化
    • どのような既存の・日和見のビジネスモデルを検討すべきか?
    • 検討すべきエコシステムのパートナーとは誰か?
    • 連続的な・特定のモデルとは何か?
    • 決行か中止かの投資アプローチ (予算、リソース、ブランドインパクト) の構築
  • 主要領域の専門化によって市場リーダーシップを示す
    • 全体的な市場参入 (GTM) プログラムの構築/調整/再定義
    • 全てのチャネルに対するGTMプログラムの評価・調整
    • 産業セグメント個人に対するGTMプログラムの評価・調整
    • 3 / 6 / 12 / 24 / 36ヵ月のGTM実行プログラムの定義

サプライヤー、投資家およびバイヤーは新たに出現したIoT市場で活動を展開していますが、最も共通した疑問は「どこに利益があるのか?」ということです。コネクションは拡大し、IoTデータはビジネスプロセスの不可欠な部分となっていますが、IoTは、製品・サービスの変化を必要とする旧来のおよび新興のアプリケーション双方で構成されており、必ずしも明確なものではありません。

当サービスは、IoT/IoEイニシアチブを推進し、将来を確かなものとすべく、直面する課題を把握することを目的としています。

※サービスに含まれるレポートのタイトルや詳細につきましては、中身をご参照ください。

【具体例】 各サービスに含まれる資料のタイトル例

(1)マーケットデータ

毎年更新されるMS Excel形式の詳細な定量データ、継続的な情報収集に最適

  • 【商品ID:339819
  • 出版日 2015/09/18
  • IoT市場の追跡調査:オーストラリア
  • IoT Market Tracker - Australia
  • 【商品ID:339820
  • 出版日 2015/09/18
  • IoT市場の追跡調査:ブラジル
  • IoT Market Tracker - Brazil
  • 【商品ID:339821
  • 出版日 2015/09/18
  • IoT市場の追跡調査:カナダ
  • IoT Market Tracker - Canada
  • 【商品ID:339822
  • 出版日 2015/09/18
  • IoT市場の追跡調査:中国
  • IoT Market Tracker - China
  • 【商品ID:339823
  • 出版日 2015/09/18
  • IoT市場の追跡調査:フランス
  • IoT Market Tracker - France
  • 【商品ID:339824
  • 出版日 2015/09/18
  • IoT市場の追跡調査:ドイツ
  • IoT Market Tracker - Germany
  • 【商品ID:339825
  • 出版日 2015/09/18
  • IoT市場の追跡調査:インド
  • IoT Market Tracker - India
  • 【商品ID:339827
  • 出版日 2015/09/18
  • IoT市場の追跡調査:イタリア
  • IoT Market Tracker - Italy
  • 【商品ID:339828
  • 出版日 2015/09/18
  • IoT市場の追跡調査:日本
  • IoT Market Tracker - Japan
  • 【商品ID:339829
  • 出版日 2015/09/18
  • IoT市場の追跡調査:中東・アフリカ
  • IoT Market Tracker - Middle East Africa
  • 【商品ID:339830
  • 出版日 2015/09/18
  • IoT市場の追跡調査:アジア太平洋地域 (中国・インド・日本・韓国・オーストラリア以外)
  • IoT Market Tracker - Rest of Asia Pacific
  • 【商品ID:339840
  • 出版日 2015/09/18
  • IoT市場の追跡調査:東欧 (ロシア以外)
  • IoT Market Tracker - Rest of Eastern Europe
  • 【商品ID:352941
  • 出版日 2015/09/18
  • IoT市場の追跡調査:ラテンアメリカ (ブラジル以外)
  • IoT Market Tracker - Rest of Latin America
  • 【商品ID:339842
  • 出版日 2015/09/18
  • IoT市場の追跡調査:西欧 (フランス、ドイツ、イタリア、英国以外)
  • IoT Market Tracker - Rest of Western Europe
  • 【商品ID:339844
  • 出版日 2015/09/18
  • IoT市場の追跡調査:韓国
  • IoT Market Tracker - South Korea
  • 【商品ID:339845
  • 出版日 2015/09/18
  • IoT市場の追跡調査:英国
  • IoT Market Tracker - United Kingdom
  • 【商品ID:339846
  • 出版日 2015/09/18
  • IoT市場の追跡調査:米国
  • IoT Market Tracker - United States
  • 【商品ID:339847
  • 出版日 2015/09/18
  • IoT市場の追跡調査:世界
  • IoT Market Tracker - Worldwide

(サンプル)マーケットデータ【概要・目次】

  • 【商品ID:339819
  • 出版日 2015/09/18
  • IoT市場の追跡調査:オーストラリア
  • IoT Market Tracker - Australia

当レポートでは、オーストラリアのIoT (モノのインターネット) 市場の最新動向と将来展望について分析し、全体的な市場規模 (接続件数・市場収益額) の推移と予測、産業別・用途別・企業規模別の詳細動向、今後の市場の方向性について調査・考察しております。

▼予測内容

▼予測カテゴリ

  • M2M接続件数 (単位:100万件、通算9年間分)
  • M2M接続収益額 (単位:100万米ドル、通算9年間分)
  • 装置およびアプリケーションプラットフォーム・サービスの収益額
    (単位:100万米ドル、通算9年間分)
  • ネットワークサービスの収益 (単位:100万米ドル、通算9年間分)
  • セキュリティサービスの収益 (単位:100万米ドル、通算9年間分)
  • データおよび分析の収益 (単位:100万米ドル、通算9年間分)
  • 専門サービスの収益 (単位:100万米ドル、通算9年間分)

▼用途別の区分

  • アフターマーケット用テレマティクス
  • ATM
  • デジタルサイネージ
  • 医療機器モニタリング
  • ホームモニタリング
  • 高度交通システム
  • 新車向けテレマティクス
  • 患者モニタリング
  • スマートグリッド
  • スマート街灯
  • ビデオ監視
  • 農業
  • 商業ビルオートメーション
  • 企業向けウェアラブル機器
  • 大型輸送車両・機器
  • ホームセキュリティ・オートメーション
  • 在庫管理
  • その他のエネルギー
  • 人物・ペット追跡
  • スマートメーター
  • ユーザーベース保険
  • 水道/ガスメーター
  • 資産トラッキング
  • 条件ベース・モニタリング
  • フリート管理
  • 家電製品
  • キオスク
  • その他のスマートシティ
  • POS
  • スマートパーキング
  • 自動販売機
  • 福祉用ウェアラブル機器

▼産業別の区分

  • 農業
  • 流通
  • 金融
  • ホスピタリティ
  • 製造業:耐久消費財
  • 医薬品・ライフサイエンス
  • 公共部門:政府
  • 小売業
  • 輸送:海運
  • 旅行
  • 自動車
  • 教育
  • 医療:支払者
  • 保険
  • 製造業:業務用製品
  • 専門サービス
  • 公共部門:医療機関
  • 技術
  • 輸送:鉄道
  • ユーティリティ
  • 建設
  • エネルギー
  • 医療:医療事業者
  • 製造業:消費財
  • メディア・エンターテインメント
  • 公共部門:教育機関
  • 公共部門:地方自治体
  • 輸送:航空
  • 輸送:トラック輸送

▼企業規模別の区分

  • 従業員数0〜19人
  • 従業員数1000〜4999人
  • 従業員数20〜999人
  • 従業員数5000人以上

▼接続技術別の区分

  • 2G
  • アナログ固定回線
  • 3G
  • 固定電話回線
  • 4G
  • 衛星

image21

【ライセンスの種類および価格について】

ご購読者様の人数により、2種類のライセンスがございます。
価格についてはお手数ですが下記お問合せ先までご連絡下さい。

image22

目次
Product Code: SE-IOTM

Our mission

As suppliers, investors and buyers navigate the emerging IoT markets, one of the most common questions is “Where is the Money?” It is not always clear as the IoT comprises both legacy and emerging application segments where the product and service needs change as connections grow and IoT data becomes an integral part of business processes.

We understand the challenges you face to accelerate and future proof your IoT / IoE initiatives. Through ABI Research's team of experts and our end-to-end understanding of value chains, we help you make it a reality. The IoT Market Tracker helps ecosystem participants validate and build insight for business initiatives and go-to-market plans in areas of:

  • Stage of Maturity: How mature are not only the application segments but my IoT initiatives targeting those segments?
  • Benchmarking Analysis: Where do I sit relative to other competitors in my application segment, industry vertical or service market?
  • Partnership Assessment: Who are leaders in each value chain segment and who are leaders in each vertical market? What is the risk of building my own IoT solution?
  • Margin Opportunity: What is my current margin relative to average market revenues? Based on my current go-to-market plans, can I scale and remain profitable?
  • Business Models: Which business models are succeeding and which will fail based on expected evolution of the IoT markets?
  • Organizational Structures: Should I expand or shrink current internal

Product Description and Deliverables

  • Complete end-to-end view of the connections and revenues generated by suppliers in the IoT value chain.
  • Revenues are provided for 6 major revenue segments and can be sliced to understand revenue generation across 2G, 3G and 4G cellular, satellite, and fixed line connections.
  • Data is provided for 30 application segments across 18 individual countries and regions including data for 30 industry verticals and 4 size of business segments.
  • Deliverables: Updated tracker; bi-annual trend analysis webinar (recorded); analyst inquiry.

This service covers the following technology and market issues:

  • Stakeholder and Execution Plan Alignment:
    • What is the IoT and IoE and how do I educate stakeholders and executives?
    • Why invest in the IoT and IoE?
    • What does success look like in the market today?
    • What will success look like in the market?
  • Identify and Triage IoT Initiatives:
    • What is working?
    • What fits best for you?
    • Triage, vet, and validate.
    • Best practice organization and execution structure.
  • Optimize Ecosystem and Investment Opportunities
    • What existing and opportunistic business models should be considered?
    • Who are the ecosystem partners that should be considered?
    • What is the sequence and specific models for you?
    • Establish an investment approach (budget, resource, brand impact) with go / no go.
  • Demonstrate Market Leadership Through Subject Matter Expertise
    • Establish / align / redefine your overall Go to Market (GTM) program.
    • Evaluate and align GTM program for all channels.
    • Evaluate and align GTM program for industry segments and personas.
    • Define a 3 / 6 / 12 / 24 / 36 month GTM execution program.
Back to Top