年間契約型情報サービス

センサーに関する情報サービス

Sensors

発行 ABI Research 商品コード 339722
出版日 年間契約型情報サービス ページ情報 英文
価格
詳細については [お問い合わせ] ボタンよりお問い合わせ下さい。
Back to Top
センサーに関する情報サービス Sensors
出版日: 年間契約型情報サービス ページ情報: 英文
概要

当年間契約型情報サービスは、モバイル機器、家電機器、コネクテッドホームなど、さまざまな業界で使用されている多様なセンサー技術や複合型センサー、センサー用処理チップの市場機会を分析するもので、1年間のご契約期間内に調査分析レポート、市場データ・市場予測、サーベイ、インサイトレポートなどの組合せにより最新情報を提供致します。

センサーは、機器が外の世界と相互に作用し合う能力を左右します。現代のモバイル端末やIoT端末には、さまざまなセンサーや複合型センサーが組み込まれており、これらの機器が作動する環境下で特定の条件に対し自動的に対応することができるようになっています。ユーザーの身元確認、位置や方向、移動速度の追跡、ユーザーの健康状態のチェック、機器が使用される条件の判断などはその一例であり、各種のセンサーから継続的に得られるデータは、センサーハブのなかで処理され、機器が使用される状況を判断するために利用されます。こうした情報は、ユーザーエクスペリエンスを改善し、機器の性能を最適化するのに役立つだけではなく、機器の利用パターンを追跡調査し、今後のユーザーの行動を予測するために利用できるという点でも極めて重要な意味を持っています。

当サービスでは、加速度センサーやジャイロスコープ、磁気計センサー、温度や気圧、湿度などを調べる環境センサー、周囲の光や三原色、赤外線、紫外線などを検知する光学センサー、心拍数センサー、バイオメトリックセンサー、ホールセンサー、超音波センサーなどさまざまな種類のセンサーの市場機会を分析するとともに、MEMS技術と非MEMS技術を利用するセンサーを技術的な側面から細かく分類します。焦点となるのは、モバイル機器で使用される各種の複合型センサーやセンサーフュージョンであり、このなかには6軸、9軸、10軸のモーションセンサーや、MEMSセンサーと非MEMSセンサーを組み合わせた各種のコンボセンサーが含まれます。

主な内容

  • モバイル機器、家電機器、スマートホームなど各種用途向け市場におけるセンサーとMEMS製品の出荷量と売上高
  • 各種市場でスタンドアロンセンサーとコンボセンサーの両方に使用されているMEMSセンサーと非MEMSセンサーの出荷量と売上高
  • モーションセンサーやポジションセンサー、環境センサー、人間と機械の相互作用に対応するセンサー、バイオメトリックセンサー、医療用センサーなど、各種用途別市場におけるセンサーの出荷量と売上高
  • センサーハブ、センサーフュージョン、センサー処理などの分野の予測と詳細な分析、および各種の定義、定性分析と定量分析、将来予測
目次
Product Code: SE-SENS

This service examines market opportunities of various sensor technologies, sensor combinations, and sensor processing chips across a number of industries and verticals, including mobile devices, consumer electronics, and the connected home. The goal of ABI Research is to extend the coverage of this service in 2016, to include sectors such as automotive and industrial automation.

Sensors define the ability of the device to interact with the outside world. Thanks to the various sensors and sensor combinations embedded in modern mobile and IoT terminals, these devices can now automatically react to some specific conditions under which the device operates. Sensors can authenticate the user identity; enable the device to track its location, its orientation, how fast it is moving; how healthy the user is; and determine under what condition he is using the device. All data tracked from various sensors can be processed in a sensor hub to determine the context under which the device is used. Not only is this information is valuable for improving the user experience and for optimizing the performance of the device but it is of paramount importance in tracking the device usage patterns, which could enable the device to learn and predict the user behavior in the future.

This service assesses market opportunities for various sensor types, including motion sensors such as accelerometers; gyroscopes; magnetometers; environmental sensors, such as temperature, pressure, or humidity; optical sensors such as ambient light sensing, RGB, IR, UV; and other types of sensors including heart bit rate sensors, biometric sensors, Hall sensors, or ultrasonic sensors. The study gives a detailed technology segmentation of these sensor types across MEMs and non-MEMs technologies. A specific attention is dedicated to the different combinations and fusions of sensors used in mobile devices, including 6-axis, 9-axis and 10-axis motion sensors as well as various combos of MEMs and non-MEMs sensors.

Service Coverage

  • Shipments and revenues for sensors and MEMS across various market segments, including mobile devices, consumer electronics, and smart home applications.
  • Shipment and revenue coverage of MEMS and non-MEMS both standalone and combo sensors across these markets.
  • Shipment and revenue coverage of sensors by use case, including motion and position sensors, environmental sensors, human-to-machine and machine-to-machine interaction sensors, biometric sensors, and healthcare sensors.
  • Forecasts and an in-depth look into sensor hubs, sensor fusion, and sensor processing. It provides definitions, qualitative and quantitative analysis with forecasts through 2020.
Back to Top