市場調査レポート - 138107

IPマルチメディアサブシステム(IMS):恩恵は誰に?

IP Multimedia Subsystem (IMS): Who Benefits?

発行 Mobile Market Development Ltd
出版日 ページ情報 英文 19 PAGES
価格
IPマルチメディアサブシステム(IMS):恩恵は誰に? IP Multimedia Subsystem (IMS): Who Benefits?
出版日: 2010年11月19日 ページ情報: 英文 19 PAGES
概要

IMSはオペレーターのネットワーク内における制御層であり、顧客データを単一のユーザープロファイルに集中化し、アプリケーションはそのプロファイルを使って顧客を認証し、送信ネットワークに関係なくデバイスにサービスを提供することができます。固定とモバイルの融合(FMC)を目指すオペレーターは、レガシーシステムに全IPインフラを相互接続するためにIMSコンポーネントを導入しました。通信機器ベンダーおよびGSM協会は2004年以来IMSについて議論を交わしており、両者はネットワーク効率とより豊かな顧客通信をそのマーケティングメッセージとして取り組んでいます。

当レポートでは、IPマルチメディアサブシステム(IMS)およびリッチコミュニケーションスイート(RCS)について調査分析し、その歴史、発展過程、現状を概括し、モバイルネットワークオペレーターとその顧客に対する影響をまとめるとともに、IMSおよびRCSの長所と短所を示す事例を示しながら、IMSが開発者や顧客よりも、MNOや通信機器ベンダーにとって重要となる理由を分析するなど、概略以下の構成でお届けいたします。

第1章 概要

第2章 イントロダクション

第3章 背景および定義:IMS、RCS

  • イントロダクション
  • IMS
  • RCS

第4章 ベンダー情勢

  • イントロダクション
  • Nokia Siemens Networks(NSN)
  • Ericsson
  • Huawei
  • ZTE
  • Alcatel Lucent(ALU)
  • Cisco
  • Comverse/NetCentrex
  • Motorola
  • Nortel/GENBAND

第5章 IMSおよびRCSの長所と短所

  • イントロダクションと概要
  • ユーザーの視点
  • ステークホルダーの見通し
  • RCSユースケース
  • 有効性、ロジスティクス、およびトライアル

第6章 結論

第7章 提言

目次

This report examines IP Multimedia Subsystem (IMS) and Rich Communications Suite (RCS) to understand their history, development process, current status, and implications for mobile network operators and their customers. IMS is a control layer within an operator' s network that centralises customer data into a single user profile that applications can use to authenticate customers and deliver services to devices regardless of transmission network. Operators seeking fixed-mobile convergence have deployed IMS components to interconnect modern all-IP infrastructure with legacy networks. Telecoms equipment vendors and the GSM Association have been discussing IMS since 2004, both parties focusing their marketing messages on network efficiency and richer customer communication. Trials with MNOs have revealed difficulties with coordinating parties to ensure interoperability, and confusion over standards and specifications.

As MNOs in mature markets plan for the introduction of LTE (which employs key concepts from the IMS core), this report examines the case for and against IMS and RCS and the reasons why IMS may be more important to MNOs and telco equipment vendors than to developers and customers.

Table of Contents

1. Overview

2. Introduction

  • 2.1. Background to the Report
  • 2.2. Report Content
  • 2.3. Currency and Conversions

3. Background & Definitions - IMS & RCS

  • 3.1. Introduction
  • 3.2. IMS
  • 3.3. RCS

4. Vendor Landscape

  • 4.1. Introduction
  • 4.2. Nokia Siemens Networks (NSN)
  • 4.3. Ericsson
  • 4.4. Huawei
  • 4.5. ZTE
  • 4.6. Alcatel Lucent (ALU)
  • 4.7. Cisco
  • 4.8. Comverse/NetCentrex
  • 4.9. Motorola
  • 4.1. Nortel/GENBAND

5. IMS & RCS Pros and Cons

  • 5.1. Introduction and Overview
  • 5.2. The User Point of View
  • 5.3. Stakeholders' Perspectives
  • 5.4. RCS Use Cases
  • 5.5. Efficacy, Logistics and Trials

6. Conclusions

7. Recommendations

Back to Top