市場調査レポート - 225962

スマートパッケージングと小売コミュニケーション

Wrapping Value into Smart Packaging and Retail Communication

発行 Lux Research
出版日 ページ情報 英文 26 Pages
価格
スマートパッケージングと小売コミュニケーション Wrapping Value into Smart Packaging and Retail Communication
出版日: 2011年10月24日 ページ情報: 英文 26 Pages
概要

スマートパッケージングと小売コミュニケーションは、大きな可能性を有する分野です。一方で、投資に対する有効なリターンを得るのは難しく、新興技術の価値を高めるために最適な産業と用途を見つける必要があります。

当レポートでは、スマートパッケージングと小売コミュニケーションについて調査分析を行い、食品/飲料、医薬品、消費者製品産業における新興技術の可能性について評価を行い、下記の構成で取り上げております。

第1章 エグゼクティブサマリー

第2章 市場の状況

  • スマートパッケージングの機会は豊富だが、投資収益が必要
  • 多くのプリンテッドエレクトロニクス技術が役割を果たす
    • 電子識別技術が急成長目前
    • センサーが電気信号の環境特性を変える
    • ディスプレイは機会を提示
    • スマートパッケージを促進するオプション
  • 電子スマートパッケージングは多くの分野に影響を与える可能性
    • スマートパッケージングは水面下でも多くの面で企業に価値を提供できる
    • 顧客は店舗と自宅パッケージングに接触する
  • 多くの市場でスマートパッケージングと電子小売強化を導入できる
    • 食品/飲料のスマートパッケージングは低コストで投資収益を確保しなければならない
    • 医薬品の高コストは多くの有力なスマートパッケージングの機会を創出
    • 消費者製品は機会を提示するが、商品にあったパッケージングが必要
  • 結論

第3章 分析

  • 技術は提供する価値、提供する時により様々
    • 技術スコア
  • エネルギー、ディスプレイ、識別、センサーは、価格や成熟度が様々
    • 薄膜バッテリーがエネルギー部門をリードしているが、誘導結合が今後競合する見込み
    • 電気泳動、エレクトロクロミック・ディスプレイが短期的な影響を与える可能性が大きい
    • パッシブRFIDが現在の識別部門をリード
    • センサー技術は高価値を提供、一方、成熟度は様々
  • どの技術も適切な用途を見つけることが成功の必須条件
    • 水面下で、パッシブRFIDは高価値を見出すが薄膜も頭角を現す
    • ディスプレイは顧客にとって価値が高いがセンサー用途は限られている

第4章 見通し

第5章 Lux Researchについて

目次

The field of smart packaging and retail communication has great potential for a large volume of products manufactured. However, proving a positive return on investment remains an elusive goal for most technology developers, and emerging technologies must find the best industries and applications to maximize its value. We examine emerging display, energy, sensor, and identification technologies for their value and maturity to provide an assessment of which will have an impact and when that impact will occur. We evaluate these emerging technologies for their potential to address consumer-facing and behind-the-scenes applications in smart packaging and retail communication in the food and beverage, pharmaceutical, and consumer goods industries.

Table of Contents

  • Executive Summary
  • Landscape
    • Smart Packaging Opportunities Abound, but Require Good Return on Investment
    • Many Printed Electronics Technologies Can Play a Role
      • Electronic Identification Technology May Be on the Verge of Taking Off
      • Sensors Convert Environmental Properties into Electrical Signals
      • Displays Offer the Opportunity to Interact with Customers in Unique Ways
      • Several Options Exist for Powering Smart Packages
    • Electronic Smart Packaging Has the Potential to Impact Many Areas
      • Behind the Scenes, Smart Packaging Can Provide Value to Companies in Many Ways
      • Customers Interact with Packaging within the Store and at Home
    • Many Markets Can Use Smart Packaging and Electronic Retail Enhancement
      • Smart Packaging for Food and Beverage Must Have Low Cost to Prove Return on Investment
      • Pharmaceuticals' High Cost Creates a Number of Viable Smart Packaging Opportunities
      • Consumer Goods Offer Opportunity, but the Packaging Needs to Be Tailored to the Product
    • Landscape Conclusions
  • Analysis
    • Technologies Differ in Value They Provide and When They Can Provide It
      • A Technology's Score Puts It into One of Four Categories
    • Energy, Displays, Identification, and Sensors Vary in Their Value and Maturity
      • Thin-Film Batteries Lead for Energy, but Inductive Coupling Will Compete in the Future
      • Electrophoretic and Electrochromic Display Are Mostly Likely to Have Near-Term Impact
      • Passive RFID Is the Current Identification Leader, and Will Be for the Foreseeable Future
      • Sensor Technologies Provide High Value, but Maturity Varies
    • Finding the Right Application for Any Technology Is Vital for Success
      • Behind the Scenes, Passive RFID Will Find Its Greatest Value, but Thin-Film Batteries Will Emerge
      • Displays Find More Value with Customers, While Sensing Applications Will Be Limited
  • Outlook
  • About Lux Research
Back to Top