市場調査レポート - 242904

国内データセンター建設市場 2011年上半期の実績と2012年〜2016年の予測

Japan Datacenter Infrastructure 2012-2016 Forecast and First-Half 2011 Review

発行 IDC
出版日 ページ情報 和文 43 Pages
電子版即納可
価格
こちらの商品の販売は終了いたしました。
国内データセンター建設市場 2011年上半期の実績と2012年〜2016年の予測 Japan Datacenter Infrastructure 2012-2016 Forecast and First-Half 2011 Review
出版日: 2012年05月25日 ページ情報: 和文 43 Pages

当商品の販売は、2014年07月01日を持ちまして終了しました。

概要

事業者データセンターでは、大規模データセンターの建設需要が拡大する一方で、いかにイニシャルコストおよびランニングコストを低減するかが課題となっています。企業内データセンターでは、データセンターの老朽化や受電容量などのキャパシティ不足、サーバー統合などのタイミングで、大規模データセンターへの集約が進んでいます。

当レポートでは、国内で新設されるデータセンターの延床面積および投資金額、データセンターの規模別サイト数および延床面積数を推定しており、概略以下の構成でお届けいたします。

第1章 IDCの見解

第2章 調査概要

  • 調査方法
    • データセンターの種類
    • 予測対象
    • データセンターサイト数のカウント方法
    • データセンターの分類
  • エグゼクティブサマリー

第3章 概況

  • 需要サイドの動向
    • データセンターの建設計画
    • 新設するデータセンターのサービスレベル
    • 既存データセンターの統廃合計画
  • 主要データセンターソリューション事業者の動向
  • ベンダープロフィール
    • 清水建設
    • 大成建設
    • 竹中工務店
    • NTTファシリティーズ

第4章 将来の展望

  • 市場予測と前提条件
    • 新規データセンター規模別建設市場(延床面積)の予測
    • 新規データセンター規模別建設市場(投資金額)の予測
    • データセンター規模別サイト数および延床面積の予測

第5章 IDCの提言

第6章 参考資料

  • 関連調査
  • Synopsis

  • データセンターの分類(国内)
  • データセンターの分類(世界)
  • 国内データセンター建設市場 前提条件の主要3項目、2012年〜2016年
  • 国内データセンター建設市場:予測の前提条件、2012年〜2016年
  • 国内データセンター建設市場 新設データセンター延床面積予測、2009年〜2016年
  • 国内データセンター建設市場 新設データセンター建設投資額予測、2009年〜2016年
  • 国内のデータセンター規模別サイト数予測、2009年〜2016年:全データセンター
  • 国内のデータセンター規模別延床面積予測、2009年〜2016年:全データセンター
  • 国内のデータセンター規模別サイト数予測、2009年〜2016年:事業者データセンター
  • 国内のデータセンター規模別延床面積予測、2009年〜2016年:事業者データセンター
  • 国内のデータセンター規模別サイト数予測、2009年〜2016年:企業内データセンター
  • 国内のデータセンター規模別延床面積予測、2009年〜2016年:企業内データセンター

  • 本調査レポートの予測対象
  • データセンターの建設意向
  • データセンターの開設予定時期
  • 開設予定のデータセンターの規模
  • 開設予定のデータセンターの建物種類
  • 開設予定のデータセンターにおけるラック供給電力
  • 開設予定のデータセンターにおける設備機器の構成:自家発電機
  • 開設予定のデータセンターにおける設備機器の構成:UPS
  • 開設予定のデータセンターにおける設備機器の構成:空調機器
  • 国内で所有するデータセンターの統廃合予定の有無
  • 国内で所有するデータセンターを統廃合する理由
  • 国内データセンター建設市場 新設データセンター延床面積予測、2009年〜2016年
  • 国内データセンター建設市場 新設データセンター延床面積前年比成長率予測、2010年〜2016年
  • 国内データセンター建設市場 新設データセンター建設投資額予測、2009年〜2016年
  • 国内データセンター建設市場 新設データセンター建設投資額前年比成長率予測、2010年〜2016年
Back to Top