市場調査レポート - 240704

国内無線LAN機器市場 2013年の分析と2014年〜2018年の予測

Japan WLAN Equipment 2014-2018 Forecast and 2013 Analysis

発行 IDC
出版日 ページ情報 和文 32 Pages
電子版即納可
価格
国内無線LAN機器市場 2013年の分析と2014年〜2018年の予測 Japan WLAN Equipment 2014-2018 Forecast and 2013 Analysis
出版日: 2014年05月20日 ページ情報: 和文 32 Pages
概要

国内企業向け無線LAN機器市場は2013年も成長を続けました。2014年以降も、近年の急速な市場の高まりは徐々に落ち着くものの、継続して成長を続ける見通しです。一般企業向けは、無線LANの企業内での活用がさらに広がることが最大の成長要因となり、公衆無線LANサービス向けは、IEEE802.11acへの対応とLTEのスモールセル戦略の推進が鍵を握るとIDCでは見ています。

当レポートは、国内企業向け無線LAN機器市場に関する2013年の市場動向と今後の展望を分析しており、概略以下の構成でお届けします。

第1章 IDCの見解

第2章 調査概要

  • 調査手法
  • セグメント別分類

第3章 概況

  • はじめに
  • 2013年 国内市場動向
    • 半期別動向、導入先別動向
    • 製品カテゴリー別動向
    • 製品提供形態動向
    • 産業分野別動向、活用方法の傾向
  • ベンダー動向
    • 主要ベンダーの動向
      • シスコシステムズ
      • アルバネットワークス
      • ラッカスワイヤレス
      • 富士通
      • アライドテレシス
      • ジュニパーネットワークス
      • HP
      • ヤマハ

第4章 将来の展望

  • 市場予測と前提条件
    • 一般企業向け市場予測
    • 公衆無線LANサービス向け市場予測
    • 規格別予測
  • 予測の変更点

第5章 IDCの提言

第6章 参考資料

  • 関連調査
  • Synopsis

図表

このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細はお問い合わせください。

Back to Top