報道関係者各位
プレスリリース


2012年05月11日
株式会社 グローバル インフォメーション


世界のX線装置市場は、2017年に91億米ドルの規模に達する見込み


潟Oローバル インフォメーションは、Transparency Market Researchが発行した報告書「X-Ray Market (Portable, Handheld, Digital Radiography, Computed Radiography, Flat Panel Detection Systems, Mammography) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth and Forecast, 2012 - 2018 (世界のX線装置(移動式/携帯式、DR/CR/FPD、マンモグラフィー用)市場:市場の分析・規模・シェア・成長率・予測)」の販売を開始しました。

世界のX線装置市場は、2011年に73億米ドルの規模でしたが、その後、年平均成長率(CAGR)3.6%で推移し、2017年には91億米ドルに達すると、当報告書では予測しています。

世界市場全体では、中南米/北米地域が、2017年まで収益面でトップの地位を維持する見通しです。

X線は、診断画像技術のひとつで、体内の内部構造、特に骨の画像によって、病気の早期診断を可能にします。

X線装置は、CT、MRI, 超音波、核画像といった装置を含む診断画像市場のなかで、最大の市場シェアを占めています。

高齢化や、慢性疾患の患者数の増加が、X線装置市場の成長をけん引しています。

X線装置市場は、一般的なX線装置と心血管用X線装置に分かれます。

一般X線装置市場は、2011年には心血管用X線装置市場のおよそ2.6倍の規模でした。

一般X線装置市場は、2012年から2017年の間にCAGR 3.5%で成長する見通しです。一方、心血管用X線市場は、同期間にCAGR 3.7% の成長が見込まれています。

一般X線装置は、低コスト、効率性、使いやすさにおいて、心血管用X線装置より優位にあり、これが一般X線市場の健全な成長を支えています。

市場調査レポート: 世界のX線装置(移動式/携帯式、DR/CR/FPD、マンモグラフィー用)市場:市場の分析・規模・シェア・成長率・予測
X-Ray Market (Portable, Handheld, Digital Radiography, Computed Radiography, Flat Panel Detection Systems, Mammography) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth and Forecast, 2012 - 2018

※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社300社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 234968