報道関係者各位
プレスリリース


2012年05月07日
株式会社 グローバル インフォメーション


パーソナライズドメディスンの2016年までの市場動向は?


潟Oローバル インフォメーションは、Takeda Pacificが発行した報告書「Personalized Medicine: Companies, Trends and World Market (パーソナライズドメディシン(個別化医療):企業・トレンド・世界の市場)」の販売を開始しました。

本調査レポートは、拡大するオーダーメード医療の市場について分析しており、世界市場において現在及び将来の医療に大きな影響を持ち続けるであろう重要な中核医療製品を含めています。標的薬剤や、コンパニオン診断、IVD、LDT、診断サービスや関連ツールやテクノロジを含む主要なオーダーメイド医療診断についてなどの鍵となる市場セグメントについて分析しています。

オーダーメイド医療を進める科学はファーマコゲノミクス、ファーマコプロテオミクス、ファーマコメタボロミクスを含むものです。オーダーメイド医療はコンパニオン診断(遺伝マーカーテスト)によって識別された患者情報に依拠して標的薬物を使用します。コンパニオン診断は、特定の治療から効果を得られるか、あるいは悪い副作用に苦しむ可能性があるのか、を特定します。診断テスト情報は、医師が患者に効果が大きい薬物治療を選択することを可能にし、臨床試験における治療薬の開発者は、標的薬剤から効果を得られるであろう患者を選択するためにコンパニオン診断を活用するでしょう。

調査レポートでは、マイクロアレイ、次世代シーケンシング、PCR、バイオインフォマティクス、ナノテクノロジーと他のプラットフォームを含む重要なテクノロジーについても解説します。このセクションではキーとなるプラットフォームやベンダについてハイライトしますが、例えば、臨床次世代シーケンシング分野についてはパーソナライズドメディシンに大きな影響を及ぼすと予想されています。また、オーダーメイド医療を促進する重要なバイオマーカー、商業的診断及び治療について議論しており、新しいパーソナライズド治療をハイライトし、現在の新しいターゲット治療の市場と臨床パイプラインについて分析しています。市場規模実績・予測(〜2016年:疾患区分・技術区分・地域)、ビジネス機会の分析、主要企業のプロファイルなどをまとめています。


※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社400社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 238167