報道関係者各位
プレスリリース


2012年05月14日
株式会社 グローバル インフォメーション


スマートメーターの普及は、2020年までに世界全体で55%に達する


潟Oローバル インフォメーションは、Navigant Researchが発行した報告書「世界のスマートメーター(スマート電気メーター・AMI・メーター通信)市場の分析・予測」の販売を開始しました。

一般家庭や企業において、これまで検診員が点検によって使用量を測定していたものが、その測定はこれからはデジタル化され、電力の生産と消費量が「見える化」されることにより、これからの私たちの生活に直結する大きな課題であります、「節電」というテーマにおいて、有効な判断が確立化される時代の到来は近い将来訪れることが予想されております。日本政府においても、今後5年間で、全ユーザーの8割まで普及させる予定としております。

Pike Researchによると、世界全体のその市場概観としては、まずアジア(特に中国)においてその発展と普及の加速は顕著であり、続いて、国の取り組みの効果において欧州地域での普及が進むとされております。(下図参照:Pike Research発行「世界のスマートメーター(スマート電気メーター・AMI・メーター通信)市場の分析・予測)」による)

image1

本調査報告では、有効なエネルギー消費において技術発展が急務とされる、この「スマートメーター」における各国の技術導入動向、及び市場予測を専門アナリストにより分析されており、スマートメーター分野におけるメーカー、参入する大手通信事業者、エネルギー管理/オートメーションベンダー、スマートグリッドのソフトウェア/サプライヤー/インテグレーション、政府機関、シンクタンク関連向けに、以下のような戦略的課題を解決するための具体的な情報、データをカバーしております。

  • スマートメーターの発展のピークは何年か、どの地域か?
  • 発展を加速する鍵となる技術は?
  • 世界全体において、スマートメーターとAMIの技術の違いは?
  • AMIの通信技術は、官民において地域別にどのように発展するか?
  • いつ、どのようにして、どのホームエリアネットワークが普及するか?
  • 鍵となる政策、技術、経済リスクは?

市場調査レポート: 世界のスマートメーター(スマート電気メーター・AMI・メーター通信)市場の分析・予測Smart Meters: Global Market Analysis and Forecasts

発行: Navigant Research

※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社400社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 239710