報道関係者各位
プレスリリース


2012年05月07日
株式会社 グローバル インフォメーション


スマートガバメントの技術は、2017年度までに25億ドルの市場規模になり、25%の成長率が見込まれる


潟Oローバル インフォメーションは、Navigant Researchが発行した報告書「スマートガバメント技術(スマートで持続可能な都市・コミュニティ管理のためのインテリジェントシステム):技術動向・市場分析・世界市場予測」の販売を開始しました。

持続可能なスマートシティー、コミュニティー作りのための、政府による政策立案、ビジネスモデル構築、財務、環境、サービスへの取り組みを示すスマートガバメント技術の市場規模は、Pike Research社によると、2011年度において7億600万USドルと分析されており、2017年度までにその規模は25億USドル、期間中のCAGRは25%を見込んでおります。また、政府によるその投資金額は2011年から2017年の7年間の間、48億USドルと推計されております。地域別では、北米地域がスマートシティー化にむけたITソリューションの構築や効率的な管理システムの導入着手がより早く進んでおり、その市場を今後もリードしていくと考えられていますが、欧州やアジアにおいても、スマートシティーに向けたICT技術の導入や規定の構築と共に加速は進むとされております。

本調査報告では、成長が期待されるスマートガバメント技術の今後の世界の展望に着目し、分析結果をまとめ、以下キーワードに答えております

  • スマートガバメントの定義は?
  • その市場の促進させる、弊害となりえるものは何か?
  • スマートガバメントの発展において、主な政策、技術、経済におけるその課題は何か?
  • スマートガバメントは、如何にスマートシティー、コミュニティーの成長を後押しするか?
  • スマートガバメントの技術の効果が現れ、先駆的な役割を果たす地域、都市はどこか?
  • スマートシティー化に向けて最も効果をもたらす技術は何か、どのようにしてスマートシティーは発展していくか?
  • キープレーヤーはどの企業か、どのようにして相互関係を構築していくか?
  • スマートガバメントの市場はどのように変化し、クラウドベースのサービスはどうなるか?
  • 世界全体のスマート政府の市場規模は?

image1

市場調査レポート: スマートガバメント技術(スマートで持続可能な都市・コミュニティ管理のためのインテリジェントシステム):技術動向・市場分析・世界市場予測Smart Government Technologies: Technology Trends, Market Analysis and Global Forecasts

発行: Navigant Research

※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社300社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 238915