報道関係者各位
プレスリリース


2012年01月17日
株式会社 グローバル インフォメーション


遠隔マイクログリッドの収益は、2017年に102億米ドルへ


潟Oローバル インフォメーションは、Navigant Researchが発行した報告書「遠隔マイクログリッド市場の分析および予測:村落発電システム、小規模グリッドアイランドシステム、産業用遠隔鉱山システム、およびモバイル軍事マイクログリッド」の販売を開始しました。

世界における遠隔発電システムの数は、数千に及びますが、そのほとんどは、ディーゼル発電によるもので、スマートグリッドや、マイクログリッドプラットフォームが有する基本的なネットワークの利点を活用できるような技術ではありません。

しかし、再生可能な分散エネルギー発電と融合すれば、こういった遠隔マイクログリッドも、標準的なマイクログリッドの特徴を持つようになります。

太陽光発電機能と一体化し、ディーゼル燃料の消費を削減する技術が、今後6年間に、遠隔マイクログリッドの成長をけん引する、主な要因になる見通しです。

世界における遠隔マイクログリッド市場は、発電容量が、2011年の349メガワット(MW)から、2017年には1.1ギガワット(GW)を超える規模に拡大すると、パイクリサーチの当報告書では予想しています。これは、計画段階または設置済みのマイクログリッドをすべて合計した発電容量とくらべ、同等あるいは、おそらくそれ以上になる見込みです。

こうした発電容量の拡大によって、遠隔マイクログリッド部門の収益は増加し、2017年には102億米ドル以上となると、パイクリサーチは予測しています。

もし世界経済の低迷が継続した場合の控えめな予測でも、2017年の収益は45億米ドルになる見込みです。

「世界の遠隔マイクログリッド部門は、収益面において、すべてのマイクログリッド部門のなかで、最も魅力的な部門です。」とシニアアナリストであるPeter Asmusは述べています。

「最近の調査、そしてパイクリサーチの最新の報告書によれば、遠隔マイクログリット部門は、これまでの予想と比べて、よりいっそう強固な市場で、ソーラーPV価格の継続的な下落によって、政府の奨励策がたとえなくても、大幅に成長する見通しです。」

市場調査レポート: 遠隔マイクログリッド市場の分析および予測:村落発電システム、小規模グリッドアイランドシステム、産業用遠隔鉱山システム、およびモバイル軍事マイクログリッドRemote Microgrids - Village Power Systems, Weak Grid Island Systems, Industrial Remote Mine Systems, and Mobile Military Microgrids: Market Analysis and Forecasts

発行: Navigant Research

※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社400社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 227604