報道関係者各位
プレスリリース


2011年09月28日
株式会社 グローバル インフォメーション


アジア太平洋地域の燃料電池市場は2017年までに67億米ドルへ


潟Oローバル インフォメーションは、Navigant Researchが発行した報告書「アジア太平洋地域の燃料電池市場:定置型、輸送機器用、可搬型燃料電池の技術革新、市場のトレンド、予測」の販売を開始しました。

アジア太平洋地域において、燃料電池技術はここ数年間に飛躍的に進化し、さまざまな用途に用いられるようになっています。燃料電池は、家庭での効率化を高め、輸送機器における炭酸ガス排出量を削減し、石油産出国に対するエネルギー依存度を減らし、エネルギーネットワークの弾力性を強化する等の役割を担うと期待されています。パイクリサーチの当報告書では、特に日本、韓国、中国における燃料電池に対する最近の投資は、アジア太平洋市場に著しい成長をもたらし、この地域の燃料電池市場は2011年の5280万米ドルから2017年には67億米ドルへ拡大すると予測しています。

「アジア太平洋地域の企業および政府機関は、燃料電池技術の開発に精力的に取り組み、今後5年間にその努力が実を結ぶでしょう。」と、シニアアナリストのAndy Baeは話します。「現在、定置型燃料電池が市場を先導していますが、2015年には燃料電池車が市場投入されることにより、結果的には輸送部門が最も大きな市場シェアを占めると思われます。可搬型燃料電池には長期的な市場機会が潜在的にありますが、今後数年間においては、この分野の市場開発はゆっくりとしたペースになると思われます。」 パイクリサーチの分析では、定置型燃料電池は2017年末までに26億米ドルに達すると予測しています。輸送機器部門は2015年まで、あまり大幅な収益は見込めませんが、その後数年間に飛躍的に伸び、市場規模は38億米ドルになるでしょう。可搬型電源部門は外付け充電器によって大半が占められ、2017年までにその市場規模は3億6200万米ドルになると予測されています。

市場調査レポート: アジア太平洋地域の燃料電池市場:定置型、輸送機器用、可搬型燃料電池の技術革新、市場のトレンド、予測Fuel Cells in Asia Pacific - Fuel Cell Technology Innovations, Market Trends, and Forecasts: Stationary, Transportation, and Portable Power Applications

発行: Navigant Research

※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社400社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 214660