報道関係者各位
プレスリリース


2012年03月27日
株式会社 グローバル インフォメーション


欧州の婦人科系画像システム市場では、胸部画像システム部門が大きく成長する見込み


潟Oローバル インフォメーションは、Millennium Research Groupが発行した報告書「Women's Health Imaging Systems | Europe | 2014 | Market Analysis (欧州の婦人科系画像システム市場分析)」の販売を開始しました。

欧州における婦人科系医療画像システム市場の大部分は、今後5年間に下落する見通しではあるもの、胸部画像システム部門の成長によって、全体的な収益は若干増加すると、ミレニアムリサーチグループでは予測しています。より高価な革新的システムの普及が、胸部画像システム部門を拡大させる見込みです。

欧州の経済危機は、予防医療の様々な分野に深刻な打撃を与えました。医療予算の引き締めによって、婦人科系医療画像の全分野が、今後2-3年間は全般的に落ち込む見通しとなっています。

ユーザーが、高価な設備の交換時期を引き伸ばすために、婦人科系画像システムの売上げは低下し、価格も下落すると見られます。経済が回復し、医療施設が遅らせていた設備交換に着手するにつれ、市場も回復するでしょう。

胸部画像システムは、婦人科系画像システム市場において5割以上のシェアを占めています。

そして、デジタル胸部断層撮影(デジタルトモシンセシス、tomosynthesis)といった高額な最新の診断用胸部画像システムが、2016年まで大幅に成長する見通しです。

こうしたシステムは現行システムと比較して、より詳細な立体画像による腫瘍の診断が可能となります。

さらに、新たなダイレクト・ラジオグラフィ(DR)フルフィールド・デジタルマンモグラフィ(FFDM)システムは、マンモグラフィ部門におけるシェアを拡大しつづける見込みです。2011年には、総販売数の75%を占めていましたが、2016年にその割合は97%以上に増加すると予想されています。

DR FFDMシステムは、コンピューテッド・ラジオグラフィ(CR)FFDMや、フィルムスクリーン・マンモグラフィシステムよりも、スピードの速さ、ワークフローの円滑さ、他の医療システムとの統合のしやすさといった面で優れています。

しかし、効率性が高いために、少数のDR FFDMシステムが、これまでと同じ量の処理をこなすことになります。 その結果、CR FFMやフィルムスクリーン・マンモブラフィシステムがDR FFDMシステムに交換される際には、設置されるマンモグラフィシステムの総数は減少する見通しです。

市場調査レポート: 欧州の婦人科系画像システム市場分析
Women's Health Imaging Systems | Europe | 2014 | Market Analysis

※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社300社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 233586