報道関係者各位
プレスリリース


2012年04月02日
株式会社 グローバル インフォメーション


米国の大関節再建インプラント市場は2016年に72億米ドル規模へ


潟Oローバル インフォメーションは、Millennium Research Groupが発行した報告書「US Markets for Large-Joint Reconstructive Implants 2013 (米国の大関節再建インプラント市場)」の販売を開始しました。

米国の大関節再建インプラント市場では、インプラント価格の下落が膝関節と股関節部門に大きく影響を与える見通しです。 しかし、65歳以上の人口の増加や、変形関節炎の有病率の上昇によって、大関節再建インプラントの処置数が拡大し、インプラント価格の下落による減少分を相殺すると見られます。

今後、同市場は穏やかに成長して、2016年には72億米ドル規模に達すると予想されています。中でも、膝関節および股関節インプラントの再置換処置が、最も大幅に成長する見通しです。

米国におけるインプラント価格下降の主な原因は、共同購入組織(GPO)の勢力拡大にあります。 さらに、多くの医療施設では予算の制約から、メーカーに対してインプラント販売価格の値下げを強く働きかけました。 また、メーカー間では成熟市場におけるシェア獲得競争が激化し、価格下落への圧力は、今後5年間継続すると見られます。

膝関節の再置換処置は、最も急成長する部門のひとつになる見通しです。 1990年代中頃に実施された人工膝関節置換術の全置換、単顆型置換、および膝蓋大腿部のインプラントが、今後寿命を迎え、交換する必要性が生じてきます。 さらなるリビジョンを防ぐためには、インプラントのアライメントが重要であるため、ほとんどの場合、僅かな補正ではなく完全な再置換処置となるでしょう。

市場調査レポート: 米国の大関節再建インプラント市場
US Markets for Large-Joint Reconstructive Implants 2013

※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社400社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 233584