報道関係者各位
プレスリリース


2011年11月24日
株式会社 グローバル インフォメーション


中国の準都市に医薬品・医療機器の市場機会


潟Oローバル インフォメーションは、Kalorama Informationが発行した報告書「China Healthcare Reform and Its Impact on IVD, Medical Device and Pharmaceutical Markets (中国の医療改革とIVD、医療機器、医薬品市場に及ぼす影響)」の販売を開始しました。

医薬品や医療機器、診断薬のマーケティング企業は、中国の準都市に最大の成長機会を見出す可能性があります。

当報告書によれば、中国医療市場において都市部に居住する人口の割合は、2000年から2010年の間に36%から50%へと増加しました。

主な医療市場は、上海、香港、北京そして広州といった大都市圏の周りに集中しています。このような都市部医療市場は、様々な医薬品および医療機器に対し高い需要をもたらしていますが、中国全土の都市化によって、沿岸地域や中央、西部の準都市も、医薬品や医療機器への需要を育んでいます。

中国の都市における経済成長と、都市への人口移動が、都市の医療市場の成長を後押ししています。

農村の住民も、都市の病院での専門外来・入院治療を望む傾向があります。

中国における2010年の都市医療市場(香港を含む)は、およそ1兆2,400億元(1,832億米ドル)規模で、農村医療市場の3倍以上となりました。

農村医療の向上を優先しつつも、中国政府は都市医療システムを管理し、資金の提供をしなくてはなりません。、都市医療システムはより多様で高額な投資を必要としていますが、農村医療同様にカバレッジの問題を抱えています。

最近拡充された国民健康プランでは、都市加入者に対して農村加入者の総額で5倍以上の払い戻しをしました。

当報告書では、地域別に主要な都市医療市場の分析も行っています。

「中国西部の成都、重慶や、中央部の鄭州、武漢は、すでにMNC R&D投資の恩恵を受けています。」とアナリストのEmil Salazarは述べています。「これらの都市は、医療製品販売の目的地であり、医薬品やIVD試薬および医療用品の地方・地域流通ネットワークのための理想的な中心拠点でもあります。」

中国の南西、中央部における医薬品および医療機器市場は、新興都市の強い需要に後押しされ、今後4年間、最も大きく成長すると予想されています。

当報告書では、IVD、医薬品、医療機器について2004年から2015年における地域別分析を提供しています。

市場調査レポート: 中国の医療改革とIVD、医療機器、医薬品市場に及ぼす影響
China Healthcare Reform and Its Impact on IVD, Medical Device and Pharmaceutical Markets

※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社400社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 221330