報道関係者各位
プレスリリース


2011年10月19日
株式会社 グローバル インフォメーション


チロシン・キナーゼ阻害剤が癌治療薬の売上げにおいてシェアを拡大


潟Oローバル インフォメーションは、Kalorama Informationが発行した報告書「The World Market for Cancer Therapeutics and Biotherapeutics (Chemotherapy Agents, Interleukins/interferons, Monoclonal Antibodies, Hormone and Other Therapies), 4th Edition (世界の癌治療と生物療法市場:第4版)」の販売を開始しました。

GleevacやNexavarといったチロシン・キナーゼ阻害剤は、癌治療市場において最も急速に成長している分野であり、多くの製薬会社のパフォーマンスをけん引してきました。医療市場の調査会社であるカロラマ・インフォメーションは、2010年の世界における癌治療市場は544億ドル規模と推定しています。

「過去5年間に癌の生物療法は急激に成長し、ホルモンおよび化学療法による売上げからそのシェアを奪っています。」と、カロラマ・インフォメーションのBruce Carlsonは話します。「そしてこの分野において、チロシン・キナーゼ阻害剤の有効性が明らかとなり、売上げが急速に伸びています。」

受容体チロシン・キナーゼの突然変異は、細胞増殖およびヒトの病気の原因となります。IressaやTarceva、Tykerb、Sprycel、Tasigna、Sutent およびこの分野で最も新しいVotrientといいった治療薬は、受容体の機能を阻害し、癌といった異常な細胞増殖を抑制します。このような最新の治療法に焦点をあわせた研究・開発による治療薬の売上げは、引き続き堅調となるでしょう。過去5年間において、チロシン・キナーゼ阻害剤は、他の癌治療薬のどれよりも急速に、約26.7%で成長したと、カロラマ・インフォメーションは分析しています。

当報告書では、癌発生率の上昇、特に50歳以上における増加が、癌治療のあらゆる面において重大な影響を与える可能性があると述べています。しかし、多くの癌にとって、効果的治療における重大なアンメットニーズは依然として残っています。たとえば、肺癌はその一例で、患者生存期間が発見から5年未満となっています。当報告書では、開発中の新しい治療法についても紹介しています。

市場調査レポート: 世界の癌治療と生物療法市場:第4版
The World Market for Cancer Therapeutics and Biotherapeutics (Chemotherapy Agents, Interleukins/interferons, Monoclonal Antibodies, Hormone and Other Therapies), 4th Edition

※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社300社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 217057