報道関係者各位
プレスリリース


2012年04月06日
株式会社 グローバル インフォメーション


クラウドがTVオペレーターにとってなぜ重要か


潟Oローバル インフォメーションは、Informa Telecoms & Mediaが発行した報告書「Cloud TV: A future necessity for operators (クラウドTV:将来におけるオペレーターの必要性)」の販売を開始しました。

今日の通信およびメディア業界において、クラウドは最も誤解され、誤用されている用語の一つです。インフォルマ・テレコム&メディアでは、ペイTVオペレーターがクラウドを利用する主に2つ機会があると考えています。

  • 自社のインフラではなく、第三者のインフラを利用してサービスを提供する。
  • すべての処理およびCPU集約的な活動をネットワークに移行させ、様々な低電力デバイス、シンクライアントへサービスを提供する。

なぜ、オペレーターがクラウドを考慮するべきか? それはクラウドには、ペイTVの重要な課題の解決策となる可能性があるからです。

  • マルチスクリーンサービス: クラウドに移行すると、特に家庭外における視聴を可能とするマルチスクリーンサービスを提供しやすくなります。
  • OTTの脅威: OTTサービスはコンテンツ不足という面がありますが、ユーザーインターフェイスや経験、デバイスの入手のしやすさといった点で、ペイTVよりも優位にあります。しかし、クラウドに移行すれば、オペレーターはこうした分野でも、OTTと効果的に競合することが可能です。
  • 技術的フラグメンテーション: ペイTVオペレーターは、多くの標準を基盤にしたデバイスに、サービスを提供しなくてはなりません。クラウドの処理サービスを利用すると、オペレーターは低電力装置を含む、より幅広いデバイスへの対応が容易になります。
  • 設備投資費および運用費: デバイス購入費は、オペレーターにとって大きな支出です。したがって、装置が低コストですめば、それは当然ながら魅力的です。また、オペレーターが、ひとつのネットワーク基盤プラットフォームで、様々なデバイスに対応できれば、運用費を大幅に削減することが可能です。

image1

image2


※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社400社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 234036