報道関係者各位
プレスリリース


2011年11月17日
株式会社 グローバル インフォメーション


世界のミサイルおよびミサイル防衛システム市場CAGR 2.41% で拡大


潟Oローバル インフォメーションは、ICD Researchが発行した報告書「世界のミサイルおよびミサイル防衛システム市場」の販売を開始しました。

ミサイルおよびミサイル防衛システムは、7つの部門、地対地ミサイル (SSMs)、地対空ミサイル(SAMs)、空対地ミサイル (ASMs)、空対空ミサイル (AAMs)、対艦ミサイル、対戦車ミサイル、そしてミサイル防衛システムに区分されます。

ミサイル市場は、当報告書の予測期間内にCAGR 2.41% で拡大する見通しです。(下図参照)

image1

現在ミサイルの技術革新は、極超音速ミサイルのスピードの増速、迎撃ミサイルによるミサイルの空中射撃、対空キャリア機能の強化、ペイロード容量の増加、ナビゲーション機能の向上、そしてステルス機能の導入にむかっています。

世界の防衛産業は、ミサイルのスピード、精度、破壊力を強化するための技術開発にかなりの投資をしています。

世界経済の減速によって、世界中で軍事費は削減されてきましたが、その結果、多くの国が研究開発費を共有するために共同プロジェクトを設立しています。

北米は、軍事予算の削減にもかかわらず、ミサイルおよびミサイル防衛システム市場において35.6%という世界最大のシェア占める見通しです。(予測期間内)

世界中で多くの国が核能力とミサイルの攻撃距離の拡大を計画しています。

米国、インド、ロシア、イスラエル、中国、イタイア、ドイツ、フランス、スペイン、スウェーデンそして英国は、6,000キロ内の標的に対して攻撃が可能となるように長距離ICBMの調達をしています。

市場調査レポート: 世界のミサイルおよびミサイル防衛システム市場The Global Missiles and Missile Defense Systems Market

発行: ICD Research

※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社400社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 223150