報道関係者各位
プレスリリース


2012年05月02日
株式会社 グローバル インフォメーション


世界のコンパクト蛍光ランプ(CFL)市場は、2020年までに140億米ドルの規模に達する見通し


潟Oローバル インフォメーションは、GlobalDataが発行した報告書「Compact Fluorescent Lamp (CFL) Market - Global Market Size, Price Analysis, Regulations and Key Countries Analysis to 2020 (世界のコンパクト蛍光ランプ(CFL)市場:市場規模・価格分析・規制・主要市場の分析(2020年まで))」の販売を開始しました。

世界のコンパクト蛍光ランプ(CFL)市場は、2006年の68億2,000万米ドルの規模から、年平均成長率(CAGR)8.4%で推移し、2010年にはおよそ94億4,000万米ドルに達しました。

CFL市場の成長を支援する法律、エネルギー需要の拡大、そして地球温暖化といった環境への懸念が、同市場の成長要因として挙げられます。

一方で、統一された基準や消費者意識の欠如、廃棄物処理の危険性、白熱電球にくらべて高い製品価格、これらがCFL市場の成長を阻害する課題となっています。

世界中の主要なランプ市場の多くで、非効率的なランプの段階的な廃止が表明されたため、CFLの売上げが高まり、CFL市場は近い将来、大幅に成長すると予測されています。

しかしながら、2015年から2020年における販売量が低迷するため、同期間のCFL市場の規模は縮小する見通しで、CFLの平均価格も下落すると見られます。

CFLランプ販売の収益は、今後10年間に約4%で拡大し、2020年末までには、およそ140億米ドルの規模に達する見通しとなっています。

image1

市場調査レポート: 世界のコンパクト蛍光ランプ(CFL)市場:市場規模・価格分析・規制・主要市場の分析(2020年まで)
Compact Fluorescent Lamp (CFL) Market - Global Market Size, Price Analysis, Regulations and Key Countries Analysis to 2020

※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社400社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 235328