報道関係者各位
プレスリリース


2011年09月26日
株式会社 グローバル インフォメーション


急性虚血性脳卒中(AIS)治療薬:有効性の高い新薬が市場を牽引


潟Oローバル インフォメーションは、GlobalDataが発行した報告書「急性虚血性脳卒中の治療薬:パイプライン評価および市場予測(〜2018年)」の販売を開始しました

急性虚血性脳卒中治療薬として、今後3つの新薬、Desmoteplase、 RG3626(アルテプラーゼの作用持続時間を長くしたもの) 、およびDP-b99(投与時間を延長した新分子薬)の上市が予定されています。世界の急性虚血性脳卒中治療薬市場は、今後8年間16.7%の複合年間成長率で拡大し、2018年までにはおよそ8億8000万米ドルの市場規模になると予測されています。2010年の市場規模は、2億5650万米ドルでした。

これらの薬剤は、承認後、プレミアム価格で販売され、年間治療費の増加につながると期待されています。したがって、これら薬剤の承認および高い薬剤価格は、急性虚血性脳卒中治療薬市場において、主要な市場牽引要因となります。現在、この市場は、ブランド薬品とジェネリック薬品によって構成されています。

image1

現在の急性虚血性脳卒中治療薬の有効性は、低から中程度で、現在市販されている主な治療薬としては、線維素溶解薬、血液凝固阻止剤、血小板凝集阻害薬などが含まれます。現在の治療薬より有効性が高く、脳卒中による死亡率、再発率を減少させることができるような新薬が上市された場合、高い市場価値を獲得することが可能です。

市場調査レポート: 急性虚血性脳卒中の治療薬:パイプライン評価および市場予測(〜2018年)Acute Ischemic Stroke (AIS) Therapeutics - Pipeline Assessment and Market Forecasts to 2018

発行: GlobalData

※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社400社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 214061