報道関係者各位
プレスリリース


2012年03月26日
株式会社 グローバル インフォメーション


西部および中央アフリカのブロードバンド市場は、2017年に2倍以上の収益規模へ


潟Oローバル インフォメーションは、Frost & Sullivanが発行した報告書「West and Central African Broadband Market Tracker (西部および中央アフリカのブロードバンド市場)」の販売を開始しました。

西部および中央アフリカ地域では、この10年間にモバイルブロードバンド接続数が劇的に拡大しました。その成長の多くは、ナイジェリアでのモバイルブロードバンド導入の急増によるものです。

ナイジェリアとガーナは、両国の規制環境によって、サハラ以南アフリカにおいて最もダイナミックなブロードバンド市場となりました。同市場への参加企業は150社を超え、膨大な地上波インフラが開発されています。

コンゴ民主共和国(DRC)やガボンでは、3Gネットワーク等の先進技術によって、モバイルブロードバンドの接続契約数が、固定ブロードバンド接続を今後5年間に超える見通しです。

ナイジェリア、ガーナ、DRCおよびガボンにおけるブロードバンド市場は、2010年にはおよそ12億米ドルの収益規模でしたが、2017年に2倍以上の25億米ドルに成長すると、当報告書では予測しています。

この地域では、ブロードバンドの既存浸透率が低いため、短期的、長期的に膨大な成長機会が存在しています。

「コスト効率の高いモバイル、ワイヤレスソリューションを利用できることが、この市場の主要な促進要因になるでしょう。」と、フロスト・アンド・サリバンの情報・通信技術リサーチアナリストであるMervin Miemoukandaは述べています。

「それに加えて、この市場の参加企業が今年の戦略を策定する上で、ソーシャルメディアプラットフォームへの接続に対する需要の拡大が、最も重要な検討事項として浮上すると見られます。」


※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社400社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 228508