報道関係者各位
プレスリリース


2012年05月02日
株式会社 グローバル インフォメーション


エスピコム社の世界のジェネリック医薬品市場レポートアップデート版発行


潟Oローバル インフォメーションは、Espicom Business Intelligenceが発行した報告書「World Generic Market Report 2013 (世界のジェネリック薬市場)」の販売を開始しました。

ブランド製薬業界は、特許の崖に直面しており、それは正に今が瀬戸際と言えます。今のエッジに瀕しています。皮肉なことに、世界で最も販売された薬であるリピトール(Lipitor)が、そのトレンドを例示しています。依然として特許によるプロテクションを有するにもかかわらず、米国ファイザー社は多数の企業から関心と圧力の潮流を食い止めることが出来ておらず、インドのランバクシー社は、その流れの主たるものになっています。多くの市場での価格圧力にもかかわらず、ジェネリック医薬品(後発医薬品)セクターは、2011年において全般的に売上増による成長を続けています。このセクターの成熟度は、ビジネスの規模で見ることができ、17社のジェネリック医薬品企業で10億米ドルを上回る収益がありました。

ジェネリック医薬品市場は、世界的な景気後退によって動かされた2つの相反する傾向を経験しています。一つは、ジェネリック医薬品の使用は、その費用対効果に起因する増加であり、処方ブランドが支配的だった市場での採用が加速して来ている事です。もう一つは、政府財政支出の締めつけが、償還率や、利益を搾ることになる入札契約の削減を通じて、ジェネリックについて手をつけていない多くの国を低いジェネリック価格のままにしていない事です。

エスピコム社の発行する世界のジェネリック薬市場レポートは毎年アップデートをしており、今回で10年を迎える世界でもベストセラーな調査レポートです。米国、英国、ドイツ、ブラジル、日本他計12カ国の主要市場についての詳細情報、世界主要27社の企業情報、製品情報他、をまとめています。

image1


※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社400社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 234936