報道関係者各位
プレスリリース


2012年04月24日
株式会社 グローバル インフォメーション


オンショア油汚濁水処理市場は今後8年間で大幅に拡大


潟Oローバル インフォメーションは、Douglas-Westwoodが発行した報告書「The World Onshore Produced Water Gamechanger Market Report 2012-2020 (世界のオンショア油汚濁水処理市場における大変革:2012年〜2020年)」の販売を開始しました。

油汚濁水の処理は、石油・ガス産業の課題となっており、オンショア油汚濁水処理は590億米ドルと推定され、近年注目が集められています。Douglas-Westwood 社によると、世界全体で石油・ガス産業より1日あたり2億4100万バレルの油汚汚水が排出されており、その量は2020年までに21%増加すると予測されています。

地域別にみると、欧州では、排出量は少ないが処理費用が高く、その一方で、中東地域からの排出量は急速に増える見込みだが、低コストで処理可能なため、市場規模としてはまだ比較的小さい、とアナリストは述べています。

当レポートでは、技術概要、製品分野、地域別市場の2012年までの見通しについて、今後の投資判断への見解と共にまとめております。

発行元のDouglas-Westwoodは1990年に設立以来、世界のエネルギー市場に特化した調査を行なっており、石油・ガス、発電市場に関する数多くのレポートを発行しております。

image1


※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社400社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 237357