報道関係者各位
プレスリリース


2012年05月10日
株式会社 グローバル インフォメーション


西欧のタイヤ市場は、2009年の不況を乗り越え2015年にかけて緩やかな回復傾向


潟Oローバル インフォメーションは、Datamonitorが発行した報告書「The Western European Tire Market 2011-2015 (西欧のタイヤ市場:2011年〜2015年)」の販売を開始しました。

近年の経済不況は、西欧のタイヤ市場に多大な影響を及ぼしました。経済環境が厳しかった2009年は、タイヤ販売が減少しましたが、今日では、高級および中級タイヤ部門の販売額が拡大する可能性が見えはじめています。

当レポートのハイライト

  • 2012年11月から、タイヤの新しいラベリング制度が導入されるに当たり、コスト、品質、安全面が消費者の大きな懸念となるため、欧州のタイヤ市場に多大な影響を与えるでしょう。
  • 西欧各国のタイヤ市場においては、タイヤ専門業者が販売チャンネルとなっており、この傾向は2015年にかけても変わらないでしょう。
  • スイスとオーストリアのアルプス地域においては、冬場のタイヤ需要機会が模索されてきましたが、不況の期間は、これらの地域でも冬場の売上を維持することができず、売上量でスイスでは14%、オーストリアでは12%の落ち込みとなりました。他方、オランダとベルギーでは、冬場のタイヤ売上に支えられ、市場回復もより速やかでした。


※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社400社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 238249