報道関係者各位
プレスリリース


2012年04月25日
株式会社 グローバル インフォメーション


RFパワーグリッドの真空電子デバイスおよび誘導出力管市場は依然として有望


潟Oローバル インフォメーションは、ABI Researchが発行した報告書「RF Power Grid Vacuum Electron Devices and Inductive Output Tubes - Military, Industrial, Energy, and Broadcast (RFパワーグリッドにおける真空電子デバイスおよび誘導出力管:軍事・工業・エネルギー・放送)」の販売を開始しました。

今日のエレクトロニクス分野では、古い技術が依然として有効で、ソリッドステートRFデバイスの普及が困難なニッチ市場を形成しています。

高出力RFデバイスの有効市場(TAM)は、年間で数億米ドルの価値があります。

誘導出力管は、軍事、工業、報道、科学/エネルギーおよび医療機器の分野で依然として重要な構成要素のひとつです。 しかし、その有効市場の規模の大きさにもかかわらず、同市場は、直接的に関連していない分野では、あまり知られておらず、理解もされていません。

「過去数年に何回か企業統合がありましたが、今はこの産業は安定しています。」と、RF部品・システム部門のリサーチディレクターであるLance Wilsonは述べています。

「将来的には、さらなる企業統合の可能性がありますが、今のところはまだその兆候はありません。RFパワーグリッド真空電子デバイスと誘導出力管は、長年その役割を果たし、以前のように市場を独占しているわけでなないものの、未だに多くのエンドユーズアプリケーションにとって不可欠となっています。

この市場規模は誰をも驚かせ、さらに長いライフサイクルとRFパワー半導体の侵食に対する抵抗力も驚くほどです。」

「こうした特殊な真空電子デバイスは、最初は時代錯誤と見えるかもしれませんが、機器の設計上許容できる小さなスペース内で、このように高レベルなRFパワーを生み出す他の方法が見つからない場合があります。

特定のRFパワーグリッドVEDは、メガワットの電力を生み出すことが可能で、同じ規模の発電のためには、トランジスターが何万個も必要となるでしょう。」

市場調査レポート: RFパワーグリッドにおける真空電子デバイスおよび誘導出力管:軍事・工業・エネルギー・放送
RF Power Grid Vacuum Electron Devices and Inductive Output Tubes - Military, Industrial, Energy, and Broadcast

※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社400社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 235222