報道関係者各位
プレスリリース


2012年08月01日
株式会社 グローバル インフォメーション


欧州のプレフィラブルシリンジ市場は2018年におよそ36.2億本に


潟Oローバル インフォメーションは、Frost & Sullivanが発行した報告書「Analysis of the European Prefillable Syringes Market (欧州のプレフィラブルシリンジ市場)」の販売を開始しました。

欧州のプレフィラブルシリンジ市場は簡便性と、効率性、そして安全性により成長しています。プレフィラブルシリンジはまた、高価な医薬品に対して利用が進んでいます。多くの欧州のプレフィラブルシリンジメーカーは生産能力を上げたか、今後2-3年以内に生産能力を上げる計画を立てています。現時点では市場はベクトンディッキンソンが約70%シェアを持った独占状態にあります。

当レポートによりますと2011年のガラス製のプレフィラブルシリンジ市場の全ての適用の合計は約16.3億本と見られています。需要は2018年まで年平均成長率(CAGR) 10.3% で成長し、36.2億本に達すると見られています。

「市場成長の主な牽引因子は医療従事者や患者にとっての利便性や、製品差別化の進展、過充填が少ない事でコストを抑えつつ最高の結果が出せる事、投薬量のミスや異物混入などの防止となる事が挙げられます。」とFrost & SullivanのプログラムマネージャーのRanjith Gopinathan氏は言います。「それに加え、様々な奨励への生物製剤の利用の増加が、非経口投与の成長を支えています。」

安全なシリンジへの需要は豊富に存在します。Luer lockやその他の安全性を高めた製品は欧州の政策立案者や医療サービス事業者から好意的に受け止められています。安全性の高い機器への転換はプレフィラブルシリンジへの需要を後押しします。

しかしながら、価格がプレフィルシリンジの需要を制約する主要な要因となるでしょう。プレフィルドシリンジはバイアルやアンプルといった他の投薬方法よりも高価格です。さらにLuer Lockのように特別に安全性を高めた注射器はより高価格となっています。

以上の制約にも関わらず自己投与市場の力強い成長と、安全性を高めた製品への選好性、さらに季節性インフルエンザワクチン市場の成長がプレフィラブルシリンジへの需要を支えます。

「総合的に見て、プレフィラブルシリンジの用途に合わせた容量、競争的な価格設定、安全性に注文したイノベーション、そしてタイミングの良い供給が参入企業にとっての成功の要因となるでしょう。」とGopinathan氏は総括します。

市場調査レポート: 欧州のプレフィラブルシリンジ市場
Analysis of the European Prefillable Syringes Market

※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社400社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 243242