報道関係者各位
プレスリリース


2012年07月20日
株式会社 グローバル インフォメーション


世界の医療用画像機器市場は2015年までに253億米ドルに到達と予測される


潟Oローバル インフォメーションは、Infiniti Research Limited (Technavio)が発行した報告書「Global Medical Imaging Equipment Market 2011-2015 (世界の医用画像装置市場:2011年〜2015年)」の販売を開始しました。

当調査レポートによると、世界の医療画像機器市場は2015年までに253億米ドルに達すると予測されます。この市場の成長に貢献している主要因のひとつとしては医療用画像機器における技術の進歩があげられます。世界の医療用画像機器市場におけるクラウドコンピューティング利用の増加傾向もまた注目すべき点となっています。しかしながら、機器同士の「共食い」はこの市場の成長についての難題をもたらすことにもなるでしょう。

当調査レポートは業界のエキスパートから得たインプットによる市場の深い分析をベースにしてまとめられています。南北アメリカ、EMEA(欧州中東アフリカ)、APAC(アジア太平洋地域)をカバーし、世界の医療用画像機器市場の今後数年間の市場成長を概観します。また、この市場における主要ベンダーの考察についても含んでいます。この市場において支配的な主要ベンダーGEヘルスケア、フィリップスヘルスケア、シーメンスヘルスケア、東芝メディカルシステムズの各社についてはSWOT分析を行っています。その他ベンダーの日立メディコ、ホロジック、ケアストリーム、メディソンアメリカ、島津製作所、テラリコン、バリアンメデイカルシステムについては各社のポイントについてのみ触れています。


※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社400社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 243986