報道関係者各位
プレスリリース


2012年07月19日
株式会社 グローバル インフォメーション


世界のスマートガラス市場は、2020年までにおよそ7億ドルの規模に達する見通し


潟Oローバル インフォメーションは、Navigant Researchが発行した報告書「Smart Glass: Global Market Analysis and Forecasts (世界のスマートガラス市場の分析・予測:建設・輸送産業におけるエレクトロクロミック・懸濁粒子・サーモクロミック・液晶ガラス技術)」の販売を開始しました。

スマートガラスは、建設や輸送部門で、さまざまな用途に使用されています。

スマートガラスがより広く普及するにはいくつかの障害があるものの、スマートガラス市場の潜在規模は膨大です。

新たに生産能力が2013年中には拡大する予定で、これによって生産コストが削減し、スマートガラス製品の普及が広まる見通しです。

世界における建設および輸送部門用スマートガラスの市場規模は、今日、8,400万ドルとなっていますが、2020年までに6億9,300万ドルに達すると、パイクリサーチは予測しています。

北米や欧州が、スマートガラスの収益全体を主導すると見られますが、特に中国のスマートガラス市場は建設ブームによって、大きく成長するでしょう。

中国だけで、フラットガラスの世界市場の半分を占め、日本や東南アジアを加えると、アジア太平洋地域は、フラットガラス市場の62%のシェアを占めています。したがって、アジア太平洋地域、特に中国におけるスマートガラス市場は、大きく成長する可能性があります。

当報告書は、世界のスマートガラス市場について分析し、市場動向や今後の見通し、スマートガラスの各種用途、技術概要など、詳細な情報を提供しています。


※ プレスの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

株式会社 グローバル インフォメーションは、世界の調査会社400社以上と代理店契約し、先端技術から消費者動向調査まで、様々な市場の調査レポート、ニューズレター、年間情報等を販売しております。

商品コード: 245562